外壁塗装・屋根塗装なら大沼工務店におまかせください!!営業エリア 茨城 神栖市 鹿嶋 潮来 行方 稲敷 千葉県 香取 東庄

まずはお気軽にお問合わせください。 0299-92-5349 受付時間9:00~18:00 定休日 土・日・祝祭日
  1. トップページ > 
  2. 屋根塗装について

屋根塗装について

目に見えない所だからこそ、確かな技術を!

屋根は外壁に比べかなりの耐久性が要求されます。耐久性だけを考えれば日本瓦などの方が強いですが、地震国日本では軽量なスレート系平板瓦が多く使用されています。
定期的に屋根を塗り替えることで、屋根の耐久性も維持でき、雨漏りによる躯体の損傷などを考えると、費用の負担を軽減できます。また、環境負荷(冷暖房費の削減)の低減を考慮した遮熱・断熱塗料を用いる屋根塗装も人気が出てきました。

屋根素材と塗装仕様

スレート瓦 金属・非鉄金属系 陶器瓦
スレート瓦 金属・非鉄金属系 陶器瓦
耐用年数
10~50年 トタン=5~20年
ステンレス=20~50年以上
銅版=20~100年
陶器瓦
一生もの
耐用年数
軽量で断熱効果もよく地震国
日本で最も使用されている。
但し、アスベストの問題がある。
雪国では滑りのよい
塗膜のトタンが主流です。
地震の多い日本では軽量化が
優先され、神社や寺以外での
使用は減少傾向
耐用年数
弱溶剤ウレタン
弱溶剤シリコン
水性シリコン
合成樹脂(SOP)
アクリル
ウレタン
釉薬瓦は塗装できませんが
無釉薬瓦は塗装OKです。
塗装店にご相談ください。

屋根の塗り替え補修作業

屋根の診断で破損箇所が見つかった場合、塗り替え塗装工事の前に補修工事を行います。

①屋根に上がって屋根材の劣化状況を診断します。
破損箇所があれば、その周辺を入念にチェックします。
②破損瓦を取り除きます。破損瓦の取り扱いについては、
アスベストの飛散に細心の注意を払います。
③新しい瓦を貼り付け、最後に塗装すれば完成です。

屋根の塗装工程(塗り替え)

屋根の形状・勾配や環境にもよってさまざまですが、足場を組まなくても塗装ができる場合があります。ただし、2階以上の建物であれば安全面からも足場や落下防止柵を必要とします。

①まず、高圧洗浄で洗い流します。高圧洗浄で洗い落とせない強力なカビ、藻などは薬品を使用して除去します。
②屋根材や旧塗膜と良好な密着性を高めるため、
シーラー(プライマーという場合もあります。)やフィーラーを塗ります。
③ローラーを使って、厚めに塗装し、狭いところなどは刷毛を使って塗装していきます。
④中塗材と同し塗料をローラーを使って塗装し、狭いところなどは刷毛を使って塗装していきます
お問い合わせはこちら 0299-92-5349 受付時間3:00~18:00 定休日 土・日・祝祭日
会社概要 COMPANY

株式会社 大沼工務店
〒314-0144
茨城県神栖市大野原2-27-10
TEL 0299-92-5349
FAX 0299-92-5397
E-mail:info@o-numa.org

営業エリア
【営業エリア】
茨城県/神栖市・鹿嶋市・
潮来市・稲敷市・行方市
千葉県/香取市・銚子市・
旭市・成田市
 
大沼工務店新築事業部「O-style Home」
リフォームの事なら大沼工務店
外壁塗装・屋根塗装・工事費用についてのお問合わせは 電話でのお問合せはこちら 0299-92-5349[受付時間]9:00~18:00 [定休日]土・日・祝祭日 メールでのお問合せはこちら